会社間移行が可能な場合と不可能な場合

自動車保険の等級は、ほかの保険会社にそのまま移行できます。そのためもともと20等級の人が新しく契約をしたときに、再度6等級から始める必要はありません。以前の契約で事故率の低い人は、等級を他社に引き継ぐことによって、保険料が安いまま乗り換えが可能です。
ほとんどの場合、他社への乗り換えのときには等級の引継ぎが可能ですが、一部引継ぎができないこともあります。等級の引継ぎができるのはノンフリート契約の個人のみで、法人やフリート契約、業務用の車などは等級を引き継げません。これらの契約では運転する人が違い、リスクを一定に出来ないためです。
また民間の損保や農協であれば他社への引継ぎは可能ですが、組合保険などの一部の共済では引継ぎができません。教職員共済や自治労などは、引継ぎできないとしているところが多いです。
それから乗り換えまでの期間も大切です。他社への乗り換え時に等級を引き継ぐ場合、多くは満期日を境にして乗り換えます。しかし何らかのトラブルがあって、満期日を過ぎても乗り換えられないことも考えられます。
例え満期日を過ぎていても、等級は満期日から7日間は有効です。そのため満期日から7日以内に手続きを完了すれば、無事に乗り換えを行えます。これを過ぎると等級はリセットされてしまいます。

コメントは受け付けていません。