‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

等級がリセットとは

2014/10/24

023410自動車保険を他社に引き継ぐときに、満期日から7日を過ぎてしまうと等級がリセットされます。今まで無事故で積み上げてきた人は保険料が大きく上がることになるので、この状態にならないように早めに移行の準備をしなければなりません。
この状態はずっと無事故だった人には苦しいですが、事故を起こして低い級の保険料を支払っている人にとっては救いです。1級から5級の人であれば、6級に戻ることで保険料を安くできます。
しかしこれは実際にはできません。事故を起こすと13か月間はダウンした級の保険料を支払わなくてはなりませんが、これは会社が変わっても継続されます。自動車保険では加入者全員の公平性を図るために、その人の加入した保険や事故歴などが調べられます。虚偽の申請をしてもすぐにばれてしまいます。
この状態で6級に戻したいならば、期間が過ぎる13か月が経過してから再度申込むしかありません。ただしそれを行うと13か月間、車が無保険の状態になってしまいます。この場合万一のことがあると危険なので、その間は車を所有しないか全く乗らない措置をとらなければなりません。
無保険の車を持っていると契約を断られる可能性があります。無理にリセットをするよりも、低い級を地道に上げていく方が無難なこともあります。

会社間移行が可能な場合と不可能な場合

2014/10/24

自動車保険の等級は、ほかの保険会社にそのまま移行できます。そのためもともと20等級の人が新しく契約をしたときに、再度6等級から始める必要はありません。以前の契約で事故率の低い人は、等級を他社に引き継ぐことによって、保険料が安いまま乗り換えが可能です。
ほとんどの場合、他社への乗り換えのときには等級の引継ぎが可能ですが、一部引継ぎができないこともあります。等級の引継ぎができるのはノンフリート契約の個人のみで、法人やフリート契約、業務用の車などは等級を引き継げません。これらの契約では運転する人が違い、リスクを一定に出来ないためです。
また民間の損保や農協であれば他社への引継ぎは可能ですが、組合保険などの一部の共済では引継ぎができません。教職員共済や自治労などは、引継ぎできないとしているところが多いです。
それから乗り換えまでの期間も大切です。他社への乗り換え時に等級を引き継ぐ場合、多くは満期日を境にして乗り換えます。しかし何らかのトラブルがあって、満期日を過ぎても乗り換えられないことも考えられます。
例え満期日を過ぎていても、等級は満期日から7日間は有効です。そのため満期日から7日以内に手続きを完了すれば、無事に乗り換えを行えます。これを過ぎると等級はリセットされてしまいます。

ダウン事故と新規申込

2014/10/24

事故を起こして保険会社にお金を請求すると、保険の等級が下がります。このように保険金を使って等級の下がった事故のことを、ダウン事故と言います。
これには3つ下がるものと1つ下がるものがあります。3つ下がるものは、基本的には相手のある事故の場合です。相手のある事故では対物補償や対人補償、車両保険などから保険金が支払われますが、これらの補償を受ければ3つのダウンになります。
1つ下がるのは、相手のない補償です。例えば台風で車が浸水して動かなくなってしまったときや盗難に遭ったときなど、車両保険のみを利用した場合、1つダウンになります。
ただしその後1年間保険料がアップするので、軽い事故であれば保険を使うよりも自費で直した方が安く済む場合があります。そのため、その後の保険料と実際の修理代などを比較することも必要です。また事故としてカウントされないノーカウント事故もあります。
事故を起こすと保険料があがりますが、これは会社を変えても継続されます。そのためほかの会社に新規申込を行っても、ダウンしている期間の保険料は若干高いです。ダウンしている数があまりに多いと新しい契約をしたくても引き受けてくれる会社がないこともあるので、そういった場合は同じ会社で地道に回復させる方が得策です。

他社に等級移行する場合

2014/10/24

主に個人が契約するノンフリートの自動車保険では、他社に契約を乗り換える場合でも等級を引き継げます。他社に移行する場合は運転免許証と保険証書、車検証などが必要です。基本的に一部の共済を除いてほとんどの保険会社で等級引継ぎができます。
他社に等級を移行するときには、申込の際に等級を引き継ぎたい旨を伝えます。あとは新しい保険会社の担当者から用意する書類などを指示されるので、その通りにすれば等級を引き継いで新しい契約を結べます。等級が高い場合は問題ありませんが、等級があまりに低いと加入自体を断れられることもあるので、他社に変えるときにはその点も注意しなければなりません。
移行を行うと満期日の午後4時までは前の保険会社の契約、それ以降は新しい保険会社での契約に切り替わります。移行を考えているときには、どの保険会社にするか事前に見積もりを取って比較しておくことが大切です。
移行がスムーズにいかないと、等級がリセットされてしまうことがあります。満期を過ぎても何か月間かは等級をそのまま保てますが、万一のときの補償が無くなってしまうので、なるべく早めの情報収集を行わなくてはなりません。満期の2か月くらい前から、新しい契約に移行するための準備を始めるのが適当です。

保険会社間の移行と等級について

2014/10/24

自動車保険に加入をしていると、保険会社間の移行をする事があります。保険料に関係する内容なので、どのように等級が扱われるかは重要なポイントになります。保険料の割引率や割増率の算定に使用されます。自動車保険を一年間使用しないと一つあがりますが、他の会社へ引き継がれます。
保険会社の形態が、外資系や通販でも引き継ぎが可能です。共済や損保へも引き継ぎは可能です。例外として、教職員共済や自治労そして全治共に関してはそれぞれの判断によります。事前に確認をすると良いです。
この手続きは、被保険者の配偶者や同居している家族間でも可能です。別居している子供は該当しない場合があります。保険の名義を変更すると自動的に行われます。
満期日までに、他会社への手続きもしくは更新を行う事も重要です。理由としてはリセットされてしまうからです。余裕をもって手続きを行う事と、事故情報などがあれば正しく申告する事も大切になります。手続きの前に、自分の情報を整理しておきます。満期日まで契約をし、保険料を支払う事も重要です。
被保険者にとっては不利な情報も引き継がれます。保険料や補償内容を考慮して保険会社を選ぶ事が大切です。複数の会社に見積もりをしてい貰うのも良い選びになります。

上手に引き継ぐことのメリット

2014/10/24

019807自動車保険の等級を家族の間で引き継ぐことのメリットは、なによりも保険料が安くて済むということです。等級は最初は6等級から始まり事故を起こさないことによって、どんどん上がっていくシステムです。20等級まであり、1等級との間には50パーセントほどの保険料の違いが発生します。
等級は親から子供に引き継ぐことが可能で、引継ぎを行えばその等級の保険料で保険に加入できます。年齢区分も同時に設定しなければならないため全く同じ保険料にはなりませんが、若いうちは高くなりがちな保険料を等級引継ぎで抑えられます。万一事故を起こしても高い等級からのスタートであれば、急激に保険料が上がることもありません。
例えば18歳のドライバーが新規で自動車保険に加入した場合、等級は6等級、全年齢適用でかなり保険料は高くなります。このときる20等級の保険を引き継いだとしたら、等級部分での保険料はおよそ40パーセント違います。
事故を起こした場合等級は3つ下がります。20等級から3つ下がると17等級、6等級から3つ下がった3等級で、17等級と3等級では60パーセントも保険料が変わります。若いうちは事故を起こす可能性が高いので、等級引継ぎであらかじめ高い等級に設定しておくことで安心感を得られます。

等級継承の条件について

2014/10/24

便利な半面、危険も多い自動車を利用するにおいて、自動車保険に加入することは非常に重要な事です。しかしながら、自動車保険に加入すると必要になる保険料はバカに出来ないものがあり、保険料が支払えなかったりすることも多いです。
保険料を確実に支払うためには、事前に保険料を払い続けることができるよう計画を立てることが大切です。また、自動車保険には様々な種類や会社があるので、安い保険料の自動車保険を探すのもありです。
ですが、実はほとんどの自動車保険にはノンフリート等級と呼ばれる等級制があることをご存知ですか? この等級は上に行けば行くほど保険料が安くなるものであり、うまく等級を上げていくことができれば、将来的に保険料がかなり安くなります。
等級の上げ方については、事故を起こさずに潔癖なドライバーであり続けることが条件であり、つまり安全運転に徹していれば、それだけで保険料が安くなるのです。
また、ノンフリート等級は引き継ぎすることも可能です。新しく自動車を買い替えた場合や、または被保険者の同居している家族などは等級を引き継ぐことができます。ただし別居している場合はできないので、その点には注意しなければなりません。
この引き継ぎ制度をうまく利用すれば、自動車保険に入ってすぐに保険料を節約できるのです。

実は手続きは簡単!?

2014/10/24

自動車保険には等級があります。最初は6等級からスタートし、1年間無事故であれば等級が上がっていきます。この等級の数が大きいほど保険料が安くなるため、他社に乗り換えるときや家族で名義を変えるときにも等級は引き継いだ方が得です。
家族間で等級を引き継ぐ場合には、さほど面倒な手続きは必要ありません。現在加入している自動車保険の証券と車検証、運転免許証などの必要書類を用意して、保険会社に等級引継ぎの旨を伝えるだけです。書類は各会社や契約の内容によって用意しなければならないものが違うこともあるので、各担当者の指示に従って用意します。
家族から等級を引き継ぐ場合は、同居していることが条件です。例えば今まで親が契約者だった自動車保険を、子供の就職を機に子供に契約者を変えたいというときには、同居していれば等級を引き継ぐことが可能です。もしすでに親元を離れて別居している状態であれば、等級は引継げず、新規での契約になります。
親から子に等級を引き継ぐときには、車が変わっても車両入替で対応できます。同居の子供がすでに別の保険に入っている場合でも、親の方が高い等級であれば、車両入替後に子供の保険を解約することで等級を引き継げます。親が新しい任意保険に加入すれば、親の車はそのまま乗ることが可能です。

家族間の等級継承の周辺知識

2014/09/10

自動車保険では等級によって保険料が大きく異なります。等級が高いと保険料は安くなりますし、低いと保険料が高くなります。保険に新たに加入する場合には等級が6から始まり、等級は20まであるので、等級20までいくのにしばらく時間がかかります。
ベテランドライバーでは等級が高い人が多いです。ここで、ベテランドライバーの家族に新たに自動車の免許を取得した人がいて、その人が保険に加入するときには、等級が6から始まることになります。
等級が6では保険料が高くなります。このための対処法としては等級継承です。家族の等級を継承させることで、保険料が安い状態から始められます。お得に自動車保険に加入できるのです。
継承できる条件には同居していることです。同居している親族で継承が可能です。たとえ親族であったとしても別居していると継承できません。
もし近い将来に別居する予定がある場合には、別居する前に等級の継承を済ませておくことで保険料を抑えられます。一度継承してしまうと、後で別居したとしても継承は継続できます。
等級の違いによって保険料は大きく異なります。保険料を出来るだけ抑えられるように継承をしておくのがお勧めです。手続きは簡単なので、一度保険会社の問い合わせてください。